会社情報

  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

(1)基本的な考え方

当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは取引関係も含めて一切の関係を遮断すること並びに反社会的勢力及び団体による不当要求を断固拒否することを基本方針としております。

(2)整備状況

ア.対応統括部署及び不当要求防止責任者の設置状況
当社では、不当要求防止統括責任者である社長の下、管理本部長を不当要求防止統括部署とし、不当要求防止事業所責任者及び不当要求防止責任者を各事業所に設置しております。

イ.外部の専門機関との連携状況
警察及び外部の専門機関と平素より連携を深めつつ、外部機関による教育・研修等に積極的に参加し、反社会的勢力への対応に関する指導を受けております。

ウ.反社会的勢力に関する情報の収集・管理状況
不当要求防止統括部署や不当要求防止責任者は警察や外部の専門機関等と連携することにより、反社会的勢力に関する最新情報を収集するとともに、有用な情報は社内に活用しております。

エ.当社が統括する契約書等に暴力団排除条項及び契約締結後に当該取引先が反社会的勢力である又は反社会的勢力と関わりがあると判明した場合、契約を解除する規定を設け、契約を解除します。 また、既存の取引先に対しても、既存契約書へ当該条項の追記又は確認書の取得を推進しております。

以上

宣誓書

私は、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という。)と一切の関係を遮断し、反社会的な活動や勢力による被害を防止するため、以下の基本方針を遵守(実践)することを誓います。

1.私は、反社会的勢力とは取引関係も含めて一切の関係を遮断します。

2.私は、反社会的勢力による不当要求は、断固拒否するとともに、民事・刑事の両面から必要な法的対応を行います。

3.私は、反社会的勢力が取引先となって不当要求を行う場合の被害を防止するため、当グループが締結する契約書等に暴力団排除条項を規定するとともに、契約締結後に契約の相手方が反社会的勢力であるかあるいは反社会勢力と関わりがあると判明した場合は、契約を解除します。

4.私は、警察、暴力追放運動推進センター等専門機関、弁護士、弁護士会等と緊密な連携関係を構築し、反社会的勢力に関する情報を収集するとともに適切に活用し、反社会的勢力を排除します。

以上

宣誓日:2016年7月26日

会社名:ブリヂストンプラントエンジニアリング株式会社

役職名:代表取締役社長